• information
  • report
  • magazine
  • 不動産
[ Content | Sidebar ]

2023年11月22日

グレイッシュトーンのインテリア@佐伯区海老山南

9月の初旬から始まっていたマンションリノベの物件、
先日無事引き渡しが終わりました。
全体的にグレイッシュなカラーにまとまったシンプルな内装です。

打合せの時点ではこのようなイメージパースになっていました。
実際の仕上がりはこちら!


リビングはTVを据え付ける想定の部分に少しベージュ寄りのアクセントクロスを、キッチンの方は少し濃いめのグレーのアクセントクロスにしています。
キッチンの腰壁は弊社の物件でおなじみのモルタル仕上げです。

洗面・浴室廻りもグレーを中心としたカラーリングにまとまっています。
シンクはお掃除もしやすいカウンター一体型にしました。

施主様ご希望のマットグレーのスイッチ類も印象的です。
今回間取りは大きく変更せずのリノベーションでしたが、もともとの木目の内装カラーをガラリと変更してトレンドのグレイッシュでおしゃれなインテリアカラーにまとまりました。

7月からの打合せでしたがあっという間のお引渡しでした。決断の早いお施主様でしたのでこちらもスイスイご提案内容が決まって楽しかったです。
これからこの物件で思い出を積み重ねていってくださいね。
ありがとうございました!

2023年11月21日

弊社ショールーム工事 途中経過

大工さんが造作中

工事は順調に進行しています。また改めて完成イメージも公開していこうと思いますので、引き続きチェックしてみてください!!

2023年11月17日

リノベーションオブザイヤー2023

2023年を代表する全国の魅力的なリノベーション作品を決定するコンテスト。
「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2023」が今年も開催され、弊社の手がけた物件が広島県で唯一、今年もノミネートされました!

 

思いあう家族

今年で3年連続のノミネートとなります。 ノミネート作品の中からグランプリ他、各賞が選出され、最終選考結果は12月14日開催予定の「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2023授賞式」で発表されます。

 

多数の作品から選び抜かれた受賞作品やノミネート作品を見ることで、現在のリノベーションのトレンド、最先端がわかり、リノベーションってこんな風にできるんだ、こんなこともできるんだ、こんな風にしたい!というヒントやアイデアもたくさん得られるはずです。

  

みなさまの家づくりの参考にしていただけること間違いなしなので是非ご覧ください。
https://www.renovation.or.jp/oftheyear/

2023年11月15日

アーチ壁@安芸郡府中

こちらは安芸郡府中町で進んでいるリノベーション現場です。

ただいま大工工事が終わり、仕上げの工事に入ったところです。

写真はLDKの一部ですが、
こちらには印象的な大きなアーチ開口部があります。奥は広いキッチンスペースになる予定です。
開口幅約2.5m。ここまで大きなアーチ開口はなかなかないのでレポートしました。

過去のアーチ開口レポートはこちら

天井にもデコラティブな意匠を。
折り上げ天井の見切りにモールディングを回すことで華やかな印象になっていますね。

壁も珪藻土左官の金ゴテ仕上げとなります。
だんだんと形が見えてきました。
12月の上旬には完成予定なので次回のレポートをお楽しみに!

2023年11月13日

2023年11~12月の相談会について

現在、12月中旬までを目標に、ショールームの改装工事を行っております。今まで隔週土日に相談会を行っておりましたが、工事完了オープンまでは一時中断いたします。またオープン後は装いも新たな形でスタートいたしますので、今しばらく発表までお待ちください。なお、お問合せは随時受付しておりますので、お問合せフォームまたはお電話(082-275-6395)にてお問い合わせください。

2023年11月7日

マンションの既存天井@南区東雲

リノベーションの打合せをしていると天井の仕上げをどうする???というタイミングがあります。

弊社の事例の中で多いのは既存躯体のままの仕上げ。また、フルリノベーションになると天井も解体してしまうので多くの方が天井をそのまま作らず天井高を上げることが多いです。

今回の現場では元々は和室とダイニングで半分に分かれていたため既存の躯体の“表情”が違います。
このような場合、そのままだと違和感が出てしまうので、リビングの天井は薄塗モルタル仕上げにしていきます。

しかし、そのまま薄塗するのではなく下地調整は必要で、もともと和室の部分は不陸(凹凸)が大きいためそれを削っていきます。逆にクロスだった部分はパテが残っているためそれらを削っていきます。簡単そうに見えて実はとても手間がかかる作業なのです。

仕上がるとこのような感じ。
場所によって濃淡が出るのがクロスや塗装とは違う素材感です。
モルタルの素材感がお好きでない方はこの上に塗装するとよりきれいな印象になります。

リノベーションでは壁や床に目が行きがちですが天井の仕上げについても、トータルで考えてみると程よいインテリアのアクセントになるかもしれませんね。