• information
  • report
  • magazine
  • 不動産
[ Content | Sidebar ]

2021年10月8日

MUJI RENOVATION CLUB

 

IMG_7889

このHPでは、出張相談会などで時々無印良品さんの名前が登場するので、何でかな?とお思いの方もいらっしゃるかと思います。

 

実はスマートワンデザインはMUJI RENOVATION CLUBの会員企業となっており、地域のリノベーション会社として、無印良品と連携して住まいづくりをしています。

 

例えば、弊社でリノベーションをご依頼いただいた際に、ご自宅のクローゼットやキッチンに合わせて無印良品の収納プランを提案してもらったり、

弊社を経由して無印良品の商品をご購入いただけるので、リノベーションと一緒にソファや照明、カーテンなどのインテリア計画も進めるといったことも出来るんです。

 

IMG_7892

先日、2021秋冬版のカタログが出来上がったということでお持ちいただきました。

新商品で、折りたたみチェアやベンチなどのアウトドア用品が新しく追加されていたのですが、バルコニーやお家キャンプで使うのに良いなと思いました。

 

また、ファブリック系の新バリエーションも色々と追加されていたので、近々見に行ってみようと思います。


2021年9月10日

工事の前座プロセス(2)

今回は、 工事の前座プロセス パート2です。

打ち合わせや内装選びで内容が決まると、担当スタッフが図面に描いていきます。

 

■図面作成

IMG_7363

写真では展開図の作成をしています。

平面図は普段ご覧になることがあるかもしれないですが、展開図は窓や造作家具などの内装のデザインまで分かるんです。

平面図では分からない、天井の高さや室内の仕上げ材・ドアの形状など、高さ方向の確認ができるので、他の図面と併せて完成形のイメージをするのにも役立ちます。

こうして完成した図面を元に打ち合わせと変更を繰り返して、プランの完成を目指していきます。

 


リノベーションをしたいけど、相談会に行くのにはちょっとまだ踏み切れないな…という方に、オススメの一冊

 

推薦図書

「徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと」

ダイヤモンド社/ちきりん

 これからリノベーションをする人なら、経験者にじっくりと相談したいはず。

著者が実際にリノベーションを体験して顧客目線で書いた本なので、みなさんが抱えている疑問を経験者に相談するように、細かい疑問まで解決してくれるリノベ解説本になっています。

 インターネットには情報が溢れていて、「どれを信じたらいいの?」となってしまいますが、リノベーションを始める前に理解しておくべきことや、「これが知りたかった!」という内容が率直な感想も含めてぎっしりと書いてあるので、入門書としておすすめです。


2021年8月25日

工事の前座プロセス(1)

「よし、リノベーションをしよう!」と思い立った時、スタートラインはお客様によって違うものです。

物件を探さなければならないのか、住宅ローンを組むのか、いつ頃入居を目標にしているのか、工事中の仮住まいは必要なのか・・・など、考えなければならない内容も変わってきます。

まずはリノベーション相談会で、どんなことを叶えたいのか、自分の場合は何から初め、どのように進めていけばいいのかという全体の大まかなイメージを掴んでいただくことから始まります。

いつもは現場の工事の様子をお見せしていますが、今回は相談会で初めの一歩を踏み出した後の、工事の前座プロセスをちらっとお見せしようと思います。

 

■ 打ち合わせ

IMG_7348

設計のお申込みをいただくと、いよいよ本格的な打ち合わせのスタートです!

ご依頼いただくプランによって、打ち合わせ回数も変わってきます。

限られた時間の中で充実した打ち合わせをするために、日頃から隙間時間などを使って理想のイメージ固めておくことがポイントです。

InstagramやPinterest等で画像をストックしておくと、担当スタッフに「どんな家にしたいのか」思い描いているイメージを伝えやすくなります。

 

■ 内装選び

IMG_7353

クロス

ツヤツヤ・ザラザラ・サラサラ・ゴツゴツ…

同じグリーンと言っても、全体の印象がかなり違ってくるので、いろいろなサンプルを取り寄せて、実際に見て触って、完成型を想像しつつ見比べながら選んでいきます。

ハンドル

ガラス

こう見てみると、ハンドルやガラスにも色んなデザインがありますね。

バリエーションが膨大にあるので、ご自宅で画像を集めて理想のイメージを固めておくことが大事になります。

 

続きはまた次回!