• information
  • report
  • magazine
  • 不動産
[ Content | Sidebar ]

2022年1月6日

非日常から得るもの

IMG_2996 のコピー

“ホテル”というと「旅先での宿泊施設」というイメージが強いですが、最近はホテルでの滞在をメインにした休暇の過ごし方が注目されています。

お部屋の中で、テイクアウトしてきた美味しいものを食べたり、映画を楽しんだり、ひたすらゴロゴロしたり。

特別なことをしなくても、普段とは違うちょっとだけ特別な時間。


IMG_2946

今回のブログは、12月に東京で行われたリノベーション・オブ・ザ・イヤー2021の授賞式の際に宿泊したリノベーションホテル“LYURO”(リュウロ)をご紹介します。

IMG_2995

LYUROは東京の清澄のリバーサイドに位置しています。

ホテルのロゴってかわいいですよね。

IMG_2989 のコピー

ロビーに入ると非日常のスタートです。

IMG_2984

ガラスの部屋番号はオーロラのような間接照明

IMG_2956

部屋の印象をガラッと変えるアクセントクロス

IMG_2964

ペンダントライトとミラーはどちらも主役

IMG_2974 のコピー

こちらはドイツの水栓メーカー、グローエのオーバーヘッドシャワー。

IMG_2961 のコピー

洗面ボウルや水栓・シャワーヘッドなどのパーツも使い心地を体感するチャンスです。

IMG_2992

遊び心が散りばめられたテーブル

 

一般の住宅ではなかなか見ないデザインだからこそ新鮮ですよね。

 

「リノベーションを考えているけど、どんな家にしたいのかわからない」。

そんな時こそ、自分が素敵だなと思った空間を1日体感してみる。

 

意識的に普段のルーティンの外へ少しだけ飛び出してみると、思考がクリアになり、「こんな空間いいな」「このアイデア取り入れてみようかな」などと、お家づくりのインスピレーションを得られるかもしれません。

気軽にどこかへふらっと旅をするにはまだ少し時間がかかりそうですが、ここ数年で広島にもリノベーションホテルが色々と登場しているので、地元のホテルに泊まってみるというのもいいですね。

2021年12月2日

映画の世界のインテリア

ZSMQgf531pxJ636547647332379123

© 2018 Daisuke Igarashi /Kodansha All Rights Reserved.

 

ここ数年、おうち時間が増えたことがきっかけで、映画やドラマを見る機会が増えた方も多いのではないかと思います。

先日、「リトル・フォレスト  春夏秋冬」という映画を観たのですが、とても素敵な映画だったのでご紹介します。

原作は日本の漫画で、日本でも映画化されているのですが、今回は韓国リメイク版を観てみました。

 

【あらすじ】

コンビニでアルバイトをしながら、教員試験合格を目指し勉学に励む主人公は、アルバイトが終わって寮に帰ると、賞味期限切れのコンビニ弁当を食べるような日々を過ごしていました。

教員試験にも落ち、どこか息苦しさを感じる都会の生活から抜け出したくなり、ある日突然故郷に戻ることに。

数日だけ過ごしてすぐに都会に戻ろうと思っていましたが、自分の手で大切に育てた旬の農作物を丁寧に調理し食べることを通じて、徐々に心が満たされていきます。

 

内装2

この映画でのメインのテーマは「食」ですが、少し別の角度から見てみると、主人公が住んでいる古民家の素朴なインテリアがとても素敵です。

 

内装1

日本版のリトルフォレストでは日本の古民家での暮らしが描かれていますが、韓国の古民家はそれとはまた違った雰囲気です。

古きものを大切にしながら暮らすというのは、国や時代を問わず素敵だなと感じられます。

 

映画は世界中のいろいろなインテリアを観ることが出来るので(しかもお洒落なものが多い)自分の理想の住まいってどんな感じかな?と悩んだときは、映画というジャンルからヒントを得るのも面白いです。

 

主人公の暮らしぶりを見ていると、幸せの基準は暮らしなんだということを思い出させられるような気持ちになります。

忙しいこの季節に、ほっと一息つける時間を与えてくれるような映画です。

 

FireShot Capture 008 - 넷플릭스 - www.netflix.com

*とても美味しそうな食べ物が出てくるので、お腹を空かせてから見てくださいね!

2021年11月1日

工事の前座プロセス ~現地調査編~

IMG_3602

今回は、リノベーション工事の前座プロセス ~現地調査編~です。

現地調査というと、図面を描くために実際に現地へ赴き、寸法を測るというのは何となく想像できますが、実際はどんなポイントを見ているのでしょうか?

 

簡単にまとめると、スケールを使って寸法を測る作業に加えて、構造上解体が出来るのか、また、リノベーションをするのに支障がある箇所は無いかどうかを実際に目で見てチェックをしていく作業です。

IMG_1761

たとえば、中古マンションには天井裏や床下などの見えない部分を点検するために点検口が付いていることが多く、現地調査では写真のように点検口を開いて、天井のふところ(上階の床までの空間)の寸法を測る作業を行います。

その空間を削って、天井高を上げることが出来るかどうかも確認します。

 

また、水回りの移設を伴う計画の場合には、排水経路の確認が必要です。

そのうちの一つがトイレの排水。

床下なのか床上なのかで、トイレの移設できる範囲が影響してきます。

IMG_6240

写真は床上排水で、この場合は現状の位置からはあまり移動できません。

 

このような感じでチェックしていきます。

普段の生活ではあまり出番のない箇所も、リノベーションをする上では大切な要素の一つなんです。

2021年10月8日

MUJI RENOVATION CLUB

 

IMG_7889

このHPでは、出張相談会などで時々無印良品さんの名前が登場するので、何でかな?とお思いの方もいらっしゃるかと思います。

 

実はスマートワンデザインはMUJI RENOVATION CLUBの会員企業となっており、地域のリノベーション会社として、無印良品と連携して住まいづくりをしています。

 

例えば、弊社でリノベーションをご依頼いただいた際に、ご自宅のクローゼットやキッチンに合わせて無印良品の収納プランを提案してもらったり、

弊社を経由して無印良品の商品をご購入いただけるので、リノベーションと一緒にソファや照明、カーテンなどのインテリア計画も進めるといったことも出来るんです。

 

IMG_7892

先日、2021秋冬版のカタログが出来上がったということでお持ちいただきました。

新商品で、折りたたみチェアやベンチなどのアウトドア用品が新しく追加されていたのですが、バルコニーやお家キャンプで使うのに良いなと思いました。

 

また、ファブリック系の新バリエーションも色々と追加されていたので、近々見に行ってみようと思います。

2021年9月10日

工事の前座プロセス(2)

今回は、 工事の前座プロセス パート2です。

打ち合わせや内装選びで内容が決まると、担当スタッフが図面に描いていきます。

 

■図面作成

IMG_7363

写真では展開図の作成をしています。

平面図は普段ご覧になることがあるかもしれないですが、展開図は窓や造作家具などの内装のデザインまで分かるんです。

平面図では分からない、天井の高さや室内の仕上げ材・ドアの形状など、高さ方向の確認ができるので、他の図面と併せて完成形のイメージをするのにも役立ちます。

こうして完成した図面を元に打ち合わせと変更を繰り返して、プランの完成を目指していきます。

 


リノベーションをしたいけど、相談会に行くのにはちょっとまだ踏み切れないな…という方に、オススメの一冊

 

推薦図書

「徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと」

ダイヤモンド社/ちきりん

 これからリノベーションをする人なら、経験者にじっくりと相談したいはず。

著者が実際にリノベーションを体験して顧客目線で書いた本なので、みなさんが抱えている疑問を経験者に相談するように、細かい疑問まで解決してくれるリノベ解説本になっています。

 インターネットには情報が溢れていて、「どれを信じたらいいの?」となってしまいますが、リノベーションを始める前に理解しておくべきことや、「これが知りたかった!」という内容が率直な感想も含めてぎっしりと書いてあるので、入門書としておすすめです。

2021年8月25日

工事の前座プロセス(1)

「よし、リノベーションをしよう!」と思い立った時、スタートラインはお客様によって違うものです。

物件を探さなければならないのか、住宅ローンを組むのか、いつ頃入居を目標にしているのか、工事中の仮住まいは必要なのか・・・など、考えなければならない内容も変わってきます。

まずはリノベーション相談会で、どんなことを叶えたいのか、自分の場合は何から初め、どのように進めていけばいいのかという全体の大まかなイメージを掴んでいただくことから始まります。

いつもは現場の工事の様子をお見せしていますが、今回は相談会で初めの一歩を踏み出した後の、工事の前座プロセスをちらっとお見せしようと思います。

 

■ 打ち合わせ

IMG_7348

設計のお申込みをいただくと、いよいよ本格的な打ち合わせのスタートです!

ご依頼いただくプランによって、打ち合わせ回数も変わってきます。

限られた時間の中で充実した打ち合わせをするために、日頃から隙間時間などを使って理想のイメージ固めておくことがポイントです。

InstagramやPinterest等で画像をストックしておくと、担当スタッフに「どんな家にしたいのか」思い描いているイメージを伝えやすくなります。

 

■ 内装選び

IMG_7353

クロス

ツヤツヤ・ザラザラ・サラサラ・ゴツゴツ…

同じグリーンと言っても、全体の印象がかなり違ってくるので、いろいろなサンプルを取り寄せて、実際に見て触って、完成型を想像しつつ見比べながら選んでいきます。

ハンドル

ガラス

こう見てみると、ハンドルやガラスにも色んなデザインがありますね。

バリエーションが膨大にあるので、ご自宅で画像を集めて理想のイメージを固めておくことが大事になります。

 

続きはまた次回!