[ Content | Sidebar ]

2018年10月16日

こちらも着工しました。@中区白島中町

スクリーンショット 2018-10-16 17.16.49

比較的綺麗なマンションですが、「中古を買ってリノベーション」します。

細部にこだわって、既存も活かしつつ、現場に合わせながら作り上げていきます!


2018年10月11日

着工しました@中区住吉町

image41

今週から中区住吉町にてマンションリノベーションが着工しました。ちょうど、マンション全体の大規模修繕工事と重なっているので、

完成後は、外壁廻りも一緒に綺麗になります!


2018年10月1日

石膏ボード@安佐南区大塚

IMG_3337壁の下地ができあがり、石膏ボードを貼っています。プラスターボードともいいます。厚みは9.5mmと12.5mmのものがありますが、壁は通常12.5mmの厚みのあるボードを貼っています。天井は9.5mm厚のものを貼ります。1枚の大きさが通常は3×6(通称サブロク)といって、910mm×1820mmの大きさなので、その大きさおきにジョイントがでてきます。仕上げを塗装やクロス貼りにする場合は、そのジョイント部分を職人さんがパテをして仕上げていきます。スマートワンでは塗装仕上げにすることも多いので、施工の順番を検討して、そのジョイント部も丁寧に仕上げてもらうように職人さんにはお願いして、チェックしています。


2018年9月25日

リノベーション講座、ご来場ありがとうございました。

0922

9月22日(土)に広島パルコ 無印良品にて行われましたMUJI リノベーション講座には、たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

私の担当では、第2部特別講座「中古物件の見立て方」をお話しさせていただきましたが、いかがだったでしょうか?

真剣にメモを取りながら、聞いていただいてる方も多かったので、お役に立つ情報がお話しできていれば幸いです。

次回は12月に予定されていますので、今回はご都合が合わなかった方やまだ来られたことのない方は、様々な会社のお話も聞くことができますので、

ぜひ、ご来場いただければと思います。

 

 


2018年9月20日

キッチンとか浴室とかの設備の配管@安佐南区大塚

IMG_3288スケルトンにする場合、元々の給水や給湯、排水管の専有部になる部分は撤去して、新しいものに取替えます。築30年近い物件になると、水漏れするところもあるので、工事の際に全て取り替えるのが基本です。変えておかないとせっかく綺麗に内装が仕上がっても、水漏れで、台無しになるかもしれませんので、スケルトンにしない場合は、水漏れはないか、鉄の配管を使っていないかなど、チェックすることが必要です。


2018年9月11日

2物件、解体し始めました@安佐南区大塚&南区皆実町

IMG_3207

先週から、新たに2件の解体し始めました。安佐南区大塚と南区皆実町のマンションです。

上写真の天井のコンクリートがいい感じです。

下写真のマンションが眺望良いです。

image10マンションにお住まいの方々には、色々とご迷惑をお掛けいたしますが、

何卒、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。