[ Content | Sidebar ]

2016年12月12日

中区小町のオープンルーム

img_77391

12月10,11日のオープンルームへは、たくさんの方にご来場いただきありがとうございました!

写真は午前中にご協力いただいたお客様に完了検査と取り扱い説明といたしました。

そして、午後からオープンルーム。

img_41921

 

モルタル塗りの壁や天井、オイル仕上げの無垢フローリングなど、リノベーションをご検討中の方は、そういう部分にご興味を持たれた方が多かったようです。

あと、最近は新築とリノベーションの比較検討の為にご来場される方も増えているように思います。今は新築マンションは高価格のものが多いからでしょうか。それを考えるとリノベーションは魅力的ですよね。

益々、リノベーションは増えそうです!!

今回、O様にはご協力いただきありがとうございました。感謝いたします。

 

 

 


2016年12月7日

東区牛田早稲田の現場。解体確認。

img_76851

先週から牛田早稲田の現場では解体作業が始まり、

日曜日にお客様と解体の確認をいたしました。

既存躯体の状況確認、

図面通り作業が進むのか、

変更したい箇所など、

事細かに打合せをさせていただきました。

 

今週から、設備配管や電気配線作業に取り掛かります。


2016年12月1日

-民泊ホストへの道-第5話

15107273_1113543762075489_5221386859441282887_n

こんにちは!スタッフの内野です。

広島で使い道に困っている物件を民泊 (B&B) 、ゲストハウスにリノベーションしてみては?ということで、どういう過程を踏んでいけば、現状の事務所だったり住居利用している建物を民泊利用できるようにできるのかを調査していくうちに、様々な壁にぶつかっていましたが...

今回は、

弊社ともつながりのあった、広島の外国人観光を調査している中国地方総合研究センターの吉原さんが民泊の話に興味を持ってくださり、

その吉原さんのお誘いで、3年ぶりに行われたという  『広島の外国人観光を考える(飲み)会』  に参加してきました!!!(上の写真はその時の様子です。)

 

 

広島県庁・広島市の職員の方、NPO法人の方、経営者の方、編集者の方、メディアの方、カヌーショップの方など様々な職種の人達が集まって、広島の観光のこれからについてかなり熱く語ってきました。

みなさんそれぞれの分野で活躍していて、かなりキャラも濃く(笑)、とてもパワフルで刺激的な会でした!

最後の方はだいぶ酔って関係ない事で盛り上がってましたが…笑

img_8031

 

そんなディープな会で印象に残ったのが、日本在住の外国人の方もいらっしゃって、外国人から見た日本の良いところ・悪いところ、広島の魅力って意外とわかってるようでわかってないんだな~と実感しました。

広島にはもっともっと隠れた魅力があるんだろうな...

 

そして、建築に携わる私としては、『もし、自分が外国人だったら、広島でこんな場所に泊まりたい!』 と思えるような民泊がつくれたらな、と改めて思いました。

 

みなさんそれぞれ違った視点で広島の観光の在り方を考えていて、私も少しは視野が広がりました!

また民泊の話に興味を持ってくださってる方も多く、違う視点からいろいろアドバイスをくださったり、情報を提供してくださったりして本当にありがとうございました!

 

これだけの発信力のある人たちと何かコラボ出来たらなぁなんて密かに思ってます。

 

次回第6話は中区消防署での話へ続きます。。。


2016年11月28日

東区牛田早稲田の現場。

dsc_00371今週から東区牛田早稲田のマンションの一室で、リノベーション工事が始まりました。

弊社では、ご依頼をいただくと、まずは現場をすべて細かく採寸して、既存の図面を作成します。そして、その図面から、リノベーション設計図面を様々な取り合いを考慮しながら作成していきます。

今回は、

長い土間の収納スペースや大きなモルタルカウンターなど、お客様の細かなこだわりを実現していきます!

こちもの現場も工事の状況をアップしていきますので、随時ご覧ください!!!

 

 


2016年11月22日

佐伯区五日市の現場。トリセツ。

img_7638

約2ヶ月間の工事がついに完了しました!!!

お引渡し時には、室内仕上げ部分のメンテナンス方法や設備機器について取扱説明をいたします。

弊社としてもご入居後、永く大切にお使いいただけると幸いです。

T様、ありがとうございました!!

 

 


2016年11月18日

中区小町の現場。モルタル塗り仕上げ。

img_3755

天井と壁の一部をモルタル塗り仕上げにしています。

左官屋さんが、モルタルをまず付けて、まんべんなくコテで馴らして、少し乾いてきたら、コテで押さえて、フラットにしていきます。簡単そうに見えて、実は力もいるし、技術もいるし、経験もいる作業です。

仕上がりは、グレーで自然なまだら模様となり、独特の雰囲気になります。

コストは、クロスやペンキに比べると、高めなので、部分的にすることもよくあります。

こちらの現場は12月の完成後、オープンルーム開催予定ですので、モルタル塗りの仕上げにしたい!と気になる方は、参考になると思いますよ。

また、具体的な日時が決まりましたら、こちらのブログにて掲載しますので、随時チェックしておいてくださいね。

ではでは。